純度

クレアチン・モノハイドレートの品質を決定するのは、製造条件と厳選された原材料の取り扱い方です。質の悪い原材料を使用したり、再結晶過程中に水量を急激に引き下げてしまうなどした場合、クレアチニン、ジシアンジアミドおよびジヒドロトリアシンの含有量が増えてしまいます。
(品質管理 / 消費者保護)参照))

「クレアピュア(Creapure®)」 の特性には、非常に厳しい規制があります。不純物の検査は、高圧液体クロマトグラフィー(HPLC) で行われます。 


「クレアピュア(Creapure®)」の代表的な分析データ:

クレアチン・モノハイドレード:  最低99.95 %
クレアチニン:                 < 67 ppm (検出下限値未満)
ジシアンジアミド(DCD): < 13 ppm (検出下限値未満)
ジヒドロトリアシン(DHT): 未検出