消費者保護

新鮮なコップ一杯の水にも、有害な微生物や病原菌が含まれている可能性があります。それでも、見た目は100%純粋な水と変わらないでしょう。クレアチンにも、全く同じような違いがあるのです。見たところまったく変わらない真っ白な粉末でも、毒物によって汚染された、危険で低品質のクレアチンであるリスクがあるのです。 

クレアチニン

クレアチニンは、クレアチンの自然な分解物質であり、腎臓を経由して排出されます。クレアチニン値は、通常腎臓機能を確認するためのマーカーとして利用されています。腎臓のトラブルの危険を回避するためにも、クレアチンの服用、すなわち、服用する商品の中に含まれているクレアチニン含有量はできる限り低くなければなりません。
「 クレアピュア(Creapure™)」 のクレアチニン含有量は、分析で検出できる下限を下回っており(< 67 ppm) 健康上の支障をきたす心配は全くありません。

ジシアンジアミド  (DCD)

この製品のパウダーは、目に一時的な刺激を起こす危険があります。また、皮膚の過敏反応については、人体で過敏反応の個別症例が報告されています。長期的な毒性調査では健康への不特定な影響が報告されています。発ガン性は立証されていません。試験管実験で遺伝子情報が変化するようなこともありませんでした。参考文献では、 DCDの許容量として、一日あたり体重1キログラムにつき1ミリグラムの摂取まで、とあります。クレアピュア(Creapure™)での含有量は、分析で検出できる下限値未満(< 13 ppm)となっています。 クレアピュア「Creapure™」の形で服用されるDCDは 非常に微少であり、健康への影響はありまぜん。

ジヒドロトリアシン (DHT)

ジヒドロトリアシンとは、人体に自然には存在しない物質で、薬物的にも毒物学的にもその性質は不明です。DHT は、質の悪い原料を使用してクレアチンを生産する際に発生します。化学構造上似た物質で、過去に発ガン性が確認されているものがあります。クレアピュア(Creapure®) でジヒドロトリアシンが検出されたことはありません。

チオ尿素

チオ尿素 は飲み込んだ場合に健康に有害であり、場合によっては胎児に障害をきたす恐れがあります。動物実験では、甲状腺ガン、ならびに目・耳・鼻部分と肝臓での腫瘍が観察されています。哺乳動物を対象とした試験管調査では、遺伝子にとって多少有毒であるということがわかりました。これらの調査結果に基づき、チオ尿素は発ガン性の危険のある物質に分類されており、人体での発ガン性を有する危険があるため「場合によっては発ガン性を有する」と分類されています。従って 発ガン性の危険がある物質として、心配されてしかるべきものなのです。毒性特性を持つことから、チオ尿素およびそれに関連する多数の派生物質の利用は、各種分野において完全に禁止されています。例えば、化粧品に含まれてはならない物質のリストの中にも登録されています。「クレアピュア(Creapure®)」 はAlzChem 社が特許を有する「シアナミド製法」を用いて製造されています。 チオ尿素その他の派生物質が「クレアピュア(Creapure®)」で検出されたことはありません。