クレアチンといっても、すべてが同じとは限りません

新鮮なコップ一杯の水にも有害な微生物や病原菌が含まれていることがあります。しかし見た目は100%純粋な水と変わらないでしょう。クレアチンも同じです。見たところは純粋で真っ白なパウダーでも、毒性の危険な不純物が含まれた低品質のクレアチンである場合があります。

クレアチン・モノハイドレートの品質にとって決定的なのは、原料の選択と取り扱い方と製造環境です。質の低い原料や、完璧にコントロールされていない製造では、クレアチニン、ジシアンジアミドやジハイドロトリアジンのような副産物による汚染につながります。
(消費者保護)

クレアチンの服用は、休みの期間を入れながら長期にわたって、あるいは休みを入れずに継続的に行われます。そのため、商品選択の際にはクレアチンの質に注意すべきです。
(安全性 / 長期的な安全性)

「クレアピュア(Creapure®)」は、品質、安全性およびその効用に関するお客様の高い期待に応えるものです。「クレアピュア(Creapure®)」のロゴが表示されている商品は、高品質、つまり安全なクレアチン商品、ということなのです。(「クレアピュア(Creapure®)」を含む商品参照)